心身の発育のためにも歯の矯正を行うべきです

顔立ちや口内の健康の予防のための矯正治療

歯の矯正治療【身体的な面と精神的な面】

生まれつきの歯並びの悪さが原因のため人前で笑うことが苦手な人等、歯並びの悪さは精神的な負担もあるのです。また、口内環境の面でも、磨き残しが原因で虫歯や歯周病にかかる可能性もあります。心と体の健康のためにも歯の矯正をオススメします。

歯を矯正するメリットランキング

歯
no.1

歯の健康面のため【虫歯や歯周病の予防】

歯並びの悪さは見た目だけでなく、磨き残しが原因で時には虫歯や歯周病など歯の健康を阻害することもあります。やはり一生ものの歯の健康は何事にも変えられないのでこれが一番の理由です。

no.2

適切な発音と会話のため

歯はなにも食事だけではなく、発音や発声にも重要な器官です。歯並びの悪さのせいで滑舌に影響が出ては日々の生活にも苦労します。コミュニケーションの観点からみた場合のメリットが2番目でした。

no.3

体のバランスが整うから

歯並びは、口内だけでなく体全体にも影響します。成長するにつれて顎がゆがんでしまい、それが原因で体の筋肉が張り詰め頭痛等が発症することもあります。口内以外の体の健康理由がここにランクインしました。

no.4

コンプレックスの解消のため

歯は人と向かい合って話す際、相手から見られる部分です。その為周囲の目が気になりがちで口を隠したりして、内向的な性格になってしまいがちです。多感な時期の思春期前に矯正治療を施しておけば、歯並びのコンプレックス解消に悩まずすむかもしれません。

no.5

消化器系の負担、歯ぎしりなどの予防

歯並びが悪いと必然的にかみ合わせも悪くなります。その為、食事の際食べ物を十分に咀嚼できず消化器系に負担がかかり胃腸に悪影響が出ます。また、かみ合わせの悪さのせいで睡眠時に歯ぎしりをしてしまうこともあります。そういった予防理由がここにランクインしました。

心身の発育のためにも歯の矯正を行うべきです

tooth

自分の症状を知ろう【すきっ歯に悩む人は多い】

不正咬合といっても、どんなものがあるのかわからないという人もいます。自分で自分の症状を知ることで、より治療を始めやすくなるでしょう。
まず空隙歯列という症状があります。人には決まった本数と大きさの歯が生えますが本来の数より少ない・小さいがため歯と歯の間に余計な隙間が出来てしまうことです。これが前歯の場合いわゆる正中離開と言い、「すきっ歯」を指します。

治療器具

顎のバランスが崩れる上顎前突

上顎と下顎は本来同程度成長していきますが、上顎が下顎より過剰に成長し骨がせり出してしまう事があります。これが上顎前突です。食事のかみ合わせも悪くなり、発声も満足に出来ない事もあるのが主な症状です。

治療

下顎が原因の反対咬合

上と下の前歯のかみ合いが合っていない状態です。上顎前突とは逆に下顎の過剰な成長や上顎の成長不足による骨が原因の場合と、前歯が傾いたりすることが原因の場合もあります。

院内

咬み合わせのズレの開咬

本来なら、奥歯を噛んだ場合上と下の歯はきっちりと閉じますが、開咬の場合隙間が空いてしまい咬み合わせの悪い状態となってしまいます。咬み合わせのズレのせいで、顎の筋肉に負担がかかり健康面でも悪影響を及ぼします。

矯正をする意義【見た目と健康のため】

多くの種類がある不正咬合ですが、そのどれもが矯正による治療が可能です。後天的なものは生活習慣によるものが多く、物をよく噛まないなどが原因です。また、顎の形は顔の輪郭に影響し、子どもの心身の成長にも良くないのです。先天的な場合でも、子どもの頃から歯列矯正などを行うことが推奨されています。成長しきった大人の場合痛みを伴う場合があるので、歯科医とよく相談し負担の少ない方法で矯正治療を行うべきです。

広告募集中