歯科治療のもう一つの形【インプラントは新たな歯科治療の一つです】

機能性と審美性の2つの利点を持つインプラント治療

新しい治療法【インプラント治療】

ケガや病気などが原因で歯を失ってしまった際、人工的に作った歯を上部とし顎骨に直接金属性の材質でできた土台を埋め込む治療のことです。保険が適用されず値段はやや高めですがそれに見合った快適さや天然歯に近い見栄えなどから人気の治療となりつつあります。

インプラント治療の大まかな流れ

院内

歯の検査と治療計画をたてる

インプラントする歯の数や、顎の骨の硬さなどを調べるため実際に歯医者の方に口内を診てもらいます。また、レントゲンを用いたりして治療計画をたてて行きます。この時、要望を伝えることが可能なので安心して治療計画をたてることが出来ます。

手術1回目【一次手術】

治療計画を立てたら実際に手術開始です。治療する場所の歯茎を切ります。この時麻酔を使用しているので痛みの心配はありません。治療箇所に人工の歯根(インプラント)を埋め込んだら手術は終了です。

約半年の期間を空ける

手術の後、インプラントに使われているチタンが顎の骨と結合する期間を設けます。約半年ほどの期間ですが、この時は担当歯科から仮の歯を支給されるので生活面でも心配はいりません。

手術2回目【二次手術】

顎の骨との結合が安定したなら、インプラント体に人工歯をつけるための部分を装着します。約1週間から2ヶ月ほどの治癒期間が必要ですが、手術自体はこれで終了です。

自分に合った人工の歯を装着

その人個人に合った人工の歯を製造、装着します。人工の歯の材質には金属が使われたり、陶器とプラスチックの混合物が使われたりと多岐に渡ります。それぞれにメリット、デメリットがあるので自分の生活スタイルや目的に合った材質を選ぶべきです。歯科医師の方と相談して決めましょう。

歯科治療のもう一つの形【インプラントは新たな歯科治療の一つです】

治療

健康な歯が抜ける原因

歯が抜ける原因として考えられるのが歯科医師によると虫歯や歯周病が最も大きな要因とのことです。特に歯周病は日本人の8割が罹患していると言われております。最終的には歯が抜けてしまうこともありえるので、日頃の歯磨きと定期的な歯科検診が予防に効果的です。

歯

インプラント以外の治療法

不慮の事故などでケガし、歯周病や虫歯などで意図せず歯が抜けた場合、歯科ではインプラント以外にも治療法があります。代表的な例としてブリッジや入れ歯(義歯)があります。失った歯の両隣の歯を柱とし、人工の歯を入れることです。入れ歯は、左右にバネを取り付けた義歯を取り付ける治療法です。インプラントやブリッジと違い自分の判断で着脱可能な点が利点です。歯科医と相談して自分に合った治療を選ぶべきです。

口元

インプラントのメリット

一般的な歯科治療と違い、実際に手術を行うので身体に負担もかかります。担当の歯科医とよく相談して決めるべきです。もちろん利点もあります。見た目が天然歯とほぼ同じなので見た目がよく、違和感なく自分の歯として食事を楽しむことが可能です。

男の人

インプラントのデメリット

インプラントには術後に骨と結合するための治療期間が長くなりがちです。歯科医によっては期間を短めにすることも可能です。治療後も、歯科医の専門的なメンテナンスが必要です。保険が適用されないので費用が高いことも挙げられます。支払い方法も分割払いなどもあるので担当歯科医とよく相談して決めていくべきです。

広告募集中